股 黒ずみ 解消

股の黒ずみにはコチラの解消法|最適ケアとは

股の黒ずみにはコチラの解消法

股が黒ずんでいるが、この黒ずみを消すにはどうすればいいのだろうと悩む人は多いようです。
自分でも気になるのだから、彼氏も気にしているのではないかと不安になります。
ひとりで悩む前に股の黒ずみがどうしてできるのかを知り、
どうすれば消せるのかを考えましょう。

 

股黒ずみができるのは肌のタイプも関係

その前に知っておきたいのは、股黒ずみは、
ある程度は個体差がある肌タイプも関係があることです。
日焼けで肌が赤くなるだけというタイプは黒ずみができにくいのですが、
赤くなった肌が黒ずんでくるタイプの人がいます。

 

 

股黒ずみの主な原因

生まれつきの肌タイプ以外に、股が黒ずむ原因はいくつかありますが、主なものは、
ショーツなどの下着とジーンズやズボンなどとの摩擦です。
肌が摩擦されると刺激になり、肌が刺激されると防御本能が働きます。

 

それがメラニンの生産と角質を分厚くして、メラニンが肌に染み込み、
さらに角質層が分厚くなるので、がっちりと黒ずんでしまいます。

 

また、アンダーヘア―を自己処理すると、どうしても股部分の肌を刺激しますから、
それが黒ずみの原因になります。
ほかには女性ホルモンの乱れも原因になり、具体的には肌のターンオーバーが乱れて、
角質層細胞の入れ替わりがスムーズにいかないと、メラニン色素が肌に残ります。

 

 

股黒ずみを解消

肌はターンオーバー作用で細胞が入れ替わりますから、
ターンオーバーが順調なら自然と黒ずみは薄くなるはずです。
ホルモンバランスが乱れている、あるいはターンオーバーを食生活で改善することで
黒ずみは解消できそうです。

 

また、何よりも大敵は肌への刺激ですから、股の部分を摩擦する下着類は、
摩擦での刺激が起きにくい綿製や絹製にして、ジーンズやズボンを含めて、
少しゆったりめで通気性の良いものを着用しましょう。

 

さらに肌の乾燥も黒ずみの原因になりますから、保湿も忘れないことです。
もちろんアンダーヘア―のケアでは肌を刺激しないようにします。
以上の注意事項は黒ずみ予防にもなりますから、普段から、
これらの点を意識するようにしましょう。

 

股にできる黒ずみは2種類

股にできる黒ずみの原因は2種類あります。
メラニン色素の沈着での黒ずみと、広がった毛穴の汚れでの黒ずみです。

 

メラニン色素の沈着による黒ずみ

肌は外からの刺激を受けるとメラニン色素が分泌されます。
外からの刺激にはUV(紫外線)があり、UVの刺激を感じとって肌を保護するために、
メラニン色素が生成・分泌されて股黒ずみになります。

 

UV以外の刺激には下着類との摩擦が考えられます。

 

広がった毛穴の汚れによる黒ずみ

代謝機能が鈍り、古い角質や皮脂その他の汚れが毛穴を塞ぐと、黒ずみができます。
股や脇下の毛は太く、毛穴も深いので、古い角質や皮脂その他の汚れが奥に溜まりやすく、
毛剃をすると肌を刺激するのでやはりメラニン色素が分泌されて、黒ずみができます。

 

2種類の黒ずみ対策

メラニン色素の沈着による黒ずみと、広がった毛穴の汚れによる黒ずみでは、共通する部分が見られます。
どちらも最終的にはメラニン色素が体内で生成されて、それが肌に分泌することで黒ずみができます。

 

股黒ずみ対策はその原因を把握することが大切

ただし、外からの肌への刺激と、広がった毛穴の汚れというふたつの誘因があります。
したがって、股黒ずみがどちらの原因でできるのかを見極める必要があります。
そして原因が分かれば対策が分かります。

 

メラニン色素が最終的な原因でも、それが外からの刺激によるものであれば、
まずUVカット対策と、下着類との摩擦を防ぐ対策が必要になります。

 

広がった毛穴の汚れによるものであれば、
毛穴に詰まる角質と皮脂や汚れを除去するようにしなければなりません。

 

ですから、それぞれに適した対処をする必要があると言えます。
両方の誘因がある場合は当然両方の対策を講じる必要があります。

 

ただし、外からの刺激が原因なのに、毛穴の汚れだけの対策をしたのでは
的外れになり、逆のことも言えます。

 

つまり股黒ずみの対策は、その原因をきちんと把握することが大切になります。
股 黒ずみ 解消

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ